自宅待機の期間、長かったです。最初の1ヶ月はポピーとアザレでお留守番の日々でした。
時間割は守ったり守らなかったり、やはり子どもですから、日が経つごとにダラダラ傾向になりました。
こめこ家の場合、大体ダラダラを始めるのはアザレ。流されやすいポピーが一緒にダラダラ…というパターンです。
このまま、ずっと子ども2人でお留守番をさせて良いのか…困り果て、私も職場に相談して休みを平日に。土日はチュー太さんが自宅にいるのでこめこは仕事になるように、調整をしてもらいました。
そんな中、ようやくチュー太さんの会社から在宅ワークの許可が出てチュー太さんが在宅ワークに変更になりました。
結果、2ヶ月近い自宅待機中、前半は子ども2人、後半は在宅ワークしながらチュー太さんと過ごしました。
その間、習い事は全てお休み。。
日能研は前半は動画配信、後半はzoomでの授業でした。
育成テストの自宅受験も経験しました。
結果は振るわず…
いつから、結果を更新していなかったかさえ忘れてしまいましたが、評価5やら6なども並んでいます…。
算数が100点を超えないのが普通になってきました。。

このまま、本人任せにしていいものか⁇
振り返りは、チュー太さんに依頼しているのですが、本人がわからないと申告したものだけなので…理解が怪しいまま育成テストなんて事もしょっちゅうです。

そこで、今更感が半端ないですが、ようやくこめこ自身も意を決して、振り返りを担当する事にしました。始めたのは22日から。
後悔しても仕方ないですが、もっと時間に余裕のある自宅待機中から始めるべきでした…(笑)
育成テストを24日に受ける予定でしたので、テスト範囲の勉強を一緒に勉強しました。こめこの出勤前30分など少しずつの振り返り。
結果、算数はようやく100点を超えることができました。

テスト振り返り後に、ポピーと、今後の振り返りをどう進めていくか?再度相談して、算数と社会はこめこと振り返り、国語と理科はチュー太さんと振り返りにしてみました。
25日から少しずつ振り返りを繰り返す中で…
ポピーは自分の考え、思考を表現することがとても苦手ということが、かなり浮き彫りになりました。
なぜそう考えた?どうしてそんな結論になる?というやりとりを日々繰り返す毎日。
本当に日能研の振り返りだけで1週間が終わってしまいました。
学校も始まり、習い事も再開した今、本当時間が足りないです。。
皆さん、どうやって振り返り時間確保してるのかしら…⁇と思っています。
4年生のうちは、徹底的になぜ?どうして?その根拠は?ということを繰り返し問うていきたいと考えています。

ご無沙汰のあいだ、いろんなことがありすぎました。

これからコロナの第2波は避けられないだろうと思っていますので、油断せず過ごしていきたいと思っています。